MENU

引越しを安くすませるための引越し時期

 

同じ量の引越しをするのでも、時期によって引越し料金は異なります。

 

同じ物量なのになんで時期によって価格が違うの?と思われるのは当然ですよね。
しかし、引越しには繁忙期があるため、引越しシーズンは引越し費用が高く、引越しオフシーズンは安く発注することが可能です。

 

世間一般の引越しシーズンは3月と9月。
まず3月は新社会人になる人が会社の近くへ転居する人が多くいます。
学生の場合は、地元の高校を卒業し、東京の大学に通うため1人暮らしを始めるという人もいます。

 

また、新年度から新しい会社に就職する人や転勤などで転居する人が一番多いのがこの時期です。

 

9月が繁忙期というのは馴染みがないかもしれませんが、会社勤めの方は10月から転勤という人も多いので、9月中に引越しを依頼する人が多く存在します。
毎年年に二回、このシーズンは非常に多くの引越しがあるため、引越し業者にとっては繁忙期となります。

 

繁忙期に年の多くの割合となる売上を確保すると言われている引越し業者は、この時期の引越しをディスカウントで受注してくれることは少なく、逆にオフシーズンは仕事がないことが多いのでディスカウントしてでも受注を取りたいと考えている業社が多いです。
ですから、見積もり価格から少しでも安い価格で依頼したい場合は、3月9月の繁忙期を避け、6月7月11月などの谷間に時期に引越しするのが安く引っ越しするための賢い選択です。

 

年末はオフシーズンなのに安くなりづらい

 

年末というのは世間的にも忙しい時期でもありますが、引越しする時期としてはオフシーズンのような気もしますよね。
しかし、この時期は繁忙期と言われる時期とも言えます。
年内中に移転を、とかんがえる人も多く、一年の節目として年内に転居を考えているなどの人も多いようで引越し業者にとっても繁忙期といえる時期なのだそうです。

 

安く引越しを済ませるにはこの12月という年末の時期も避けたほうが安く済ませられる可能性が高いです。

 

引越しする曜日と引越し価格の関係

 

引越しする人の多くは土日で引越し作業を行います。
例えば、繁忙期といえる時期だとしても、比較的平日の引越しは安く受注してくれる傾向にあります。

 

例えば、学生が冬休みに入っていない時期で、世間も平日の日はとても狙い目です。

 

学生も社会人も平日は仕事や学業を休めないということもありますから、有給などをとって平日に引越し作業をやるなどすると、引越し業者も安い価格で受注してくれる傾向があります。

 

引越し業者は繁忙期の中でも、土日の忙しさ・依頼件数は非常に多いのですが、平日は件数が少なく、余裕のでる曜日も存在しています。
その空きの日程で引越しすることをこちらがわが調整することで、引越し業者も手の空いた日に受注を獲得できるため好都合な受注ということになります。
このような形で依頼を行うと、引越し料金比較的安く済ませることができます。

 

あなたが平日休暇をとれるのであれば、まずは目星を付けた引越し業社に安くできる曜日は何曜日かを確認してみることをお勧めします。
想像以上に安い価格で引越しを引き受けてくれる可能性が高まります。