MENU

インターネット回線の引越し・移転手続き

現代ではインターネット回線を自宅に引くのは当然のこととなりつつあり、インターネットの普及率も非常に高まってきました。

 

現在住んでいる自宅でインターネット回線を引いている場合は新居に移転届けをしなければ新居でのインターネットを使用することができません。

 

新居の設備によって、移転の作業・行程は異なりますので、通信会社とインターネットプロバイダへ問い合わせを行い、移転先のマンションの状況を事前に把握する必要があります。

 

まず、通信会社(NTTひかりやイッツコムなどの回線業者)へ問い合わせを行い、引越しすることを伝えます。
その連絡は電話で問題ありません。
電話にて、移転先の住所を伝えると、回線工事が必要な家屋か、必要のない家屋かを判断してくれます。

 

移転先の住居が回線工事が必要な場合は、回線業社の作業に立会う必要があります。
引越し後で立会が可能な日を伝え、新居でのネット回線開通作業を行って貰います。

 

通信会社への移転届けを申し込んだ後には、プロバイダに移転の連絡をします。

 

現在契約中のプロバイダ(ビッグローブ・OCN・YAHOOBBなどのプロバイダ会社)の窓口へ連絡を行います。
移転に必要な確認は電話で促されるのでそれぞれの項目に回答を行えば移転手続きが完了できます。

 

引越しする前の住居にいつまで住んでいるか、新居にはいつから居住するかを予め決定してから、各会社へ連絡する形が円滑な移転届け作業となります。

 

新規でネットを開設する場合

以前の住居ではネット回線を引いていない場合、または旧住所では家族が引き続き住み続ける場合は、新規でネット回線開通申込みが必要です。

 

新たにネット回線を引く際にとてもお得なサービスが多く存在しています。
例えば電気量販店などで回線を申込みすると、家電の料金がキャッシュバックされるサービスなどです。

 

新居に引越しする際は、新しい家電などを購入することもあるかと思います。
ネット回線を契約して、キャッシュバックサービスを受ければネット回線も引くことができるのに加え、お得に家電を購入できるのでお勧めです。

 

インターネット回線の引越し申請まとめ

新居へ引越し日を決める
通信会社へ電話連絡
電話でプロバイダの窓口へ移転の連絡
新居でネット回線開通作業に立ち会う
ネットが開通、インターネットが使えるようになる

 

オススメインターネット端末

WIMAXなら自宅でも外出先でも高速インターネット通信が可能です。
自宅にネット回線を引くよりも、1人暮らしならモバイル端末の方がお得で便利に利用できます。
自宅はもちろん、旅先や職場やカフェなどでも自宅と変わらない通信速度を格安で利用することができます。
業界最安クラスのWIMAXは下記バナーからチェック!