MENU

引越し業者の繁忙期は3月

 

1年間で一番の引越しシーズンは3月です。
この時期は新生活を始める前に引越しをする人が多いことからこの時期が一年でもっとも引越し業社が忙しい時期となります。
引越し業者の3月は、各引越しチームが一日に3件から4件の引越しをこなすほど忙しく、3月だけで1チーム100件以上の引越しをこなすと言われています。
大手の引越し業者でいうと、そのチームをいくつも抱えているので、月間で数万件の引越しをこなしていると言われています。

 

引越し業者の3月の売上でその年一年間の売り上げをしめる割合は非常に高く、引越し業者もどれだけの受注をとれるか躍起になっています。

 

しかし、この時期は繁忙期ということで顧客側からするとディスカウントしづらい時期でもあります。
引越し業者に価格交渉しても、別の顧客の依頼を受けたほうが売上があがる。と考えられる、強気な価格交渉は難しい時期でもあります。

 

3月に引越しをしたい場合は、2ヶ月以上前から引越しの日程を決めて申込みするといくらかは安く受注してくれる傾向もあるようです。

 

就職や入学が決まったらすぐに物件を決め、2ヶ月以上前には引越し業者に予約をいれるのが引越し費用を安く抑えるためのポイントとなります。

 

逆に3月ではなく、1月や2月に引越しをしてしまえば、引越し費用も抑えることが可能です。

 

就職が早い段階で決まったのであれば、早めに転居して転居先での生活を他の人よりも早く始めてしまうというのもひとつの手です。

 

大学4年生で前年に既に就職が決まっている場合などは、このように引越時期を前倒しするのがいいかもしれません。

 

 

引越し業者の3月は無理しているほどの受注をとっている会社もあります。
早さ重視で、丁寧さに欠ける業社も中にはあるようなので、大手の有名引越し業者に依頼する方が安全かもしれません。

 

特に、引越しシーズンだけアルバイトを雇っているような引越し業者には注意が必要です。

 

その場しのぎの、経験の少ない業社だと思わぬトラブルや荷物の破損など、丁寧さに欠けるような仕事ぶりの会社もあるそうで、なるべく信用ができる会社に依頼するのがよいでしょう。

 

安くてもトラブルを生むような業社だと結局のところ、時間もお金も無駄になってしまう場合があります。

 

他の業社よりも少しくらい高くても丁寧で評判の業社に任せてしまうのがもっとも賢い引越し業社選びかもしれません。