MENU

引越しの際の郵便物転送の申込み

 

今まで住んでいた住所に、あなた宛ての郵便が届いた場合、既に新居に転居してしまっていたらその郵便を受取ることができません。

 

郵便が受け取れないということが無いように、新居への転居日が決まり次第、転送の手続きを行っておくことをお勧めします。

 

引越し日が決定してしまえば、事前に転送を開始する日を申し込んでおくことで、旧住所宛てに郵送された郵便を新居へ転送してくれます。
郵便局のセンターに届いた時点で転送扱いの郵便として振り分けられるので、転居後、郵便物が旧住所に送られるということがなくなります。

 

申込みは非常にカンタンです。

 

郵便局の転送手続き受付電話センターへの電話で本人確認を行い、転送申請を行うか、郵便局WEBページで転送受付サービスのページから転送申込みを行うことができます。

 

自分の手元に届きそうな大事な請求書や明細書など、利用中の各サービスの会社に住所変更届けを出しても、一ヶ月ほどは変更を行った後の住所が適用されない場合もありますので、郵便転送サービスで新居への転送申込みを行っておくことで、重要な書類も、大事な請求書などもちゃんと新居へ転送してくれます。

 

事前に申請を行って置くのが一番お勧めなので、新居への引越し日が決定したらすぐにWEBか電話で転送サービスに申し込むようにしておきましょう。

 

転送期間は一年間なので、一年以内にサービスを利用している各社に住所移転の旨を連絡して、転送サービスを利用しなくても新居へ郵便物が届くようにする必要があります。

 

郵便転送届け忘れはトラブルの素

 

郵便転送をし忘れてしまった場合、住所へ大事な郵便物が届いてしまいます。7
退去後に、新しい住人がその家に住み始めてしまっているのに、元々住んでいたあなたの郵便物が届いてしまうと新しい住人に迷惑がかかりますし、その郵便物を受け取る手間もかかります。
新しい住人が、あなた宛ての郵便物を捨ててしまっても、責任は取れないので、郵便物転送は必ずやっておかなければいけない重要な作業の一つだということを覚えておきましょう!

 

 

郵便物転送サービス申込みまとめ

 

新居へ引越し日程を決める

 

電話かWEB上で転送サービスを受ける日程を入力

 

転居先に郵便物が届き始めたら、利用中の各サービス会社に住所変更申請を出す

 

旧住所宛てに届く郵便物がないかを何ヶ月間か様子を見る

 

旧住所宛ての郵便物が転送されてきたら、その配送元に住所変更を伝える

 

旧住所から新居の住所に完全移行が完了